腰痛の原因発見!! あなたの股関節は如何ですか?|大田区蒲田、梅屋敷の整体・カイロプラクティック治療なら、うめやしき整体院へ。

大田区蒲田、梅屋敷の整体をお探しなら、うめやしき整体院

0337347229

お問い合わせ

[平日]10:00~20:00 [土日祝]10:00~17:00
[休診日]水曜日

コラム

腰痛の原因発見!! あなたの股関節は如何ですか?

その他

2018.08.27

腰痛でお悩みの方に共通する特徴で、最近こんな方多いな~

と、思える症状が股関節に見受けられる方が増えています。

 

例えば、ですが

①あぐらがかけない

②立ったまま靴下をはけない

③階段が辛い

④立ちあがりにくい

上記に当てはまる方は、股関節に不具合が生じている

可能性があります。

 

動作チェックの方法もあるので試して頂きたいのが

四つん這いテスト}で、方法は?と言うと。

四つん這いになっていただき、そのままお尻を後ろに下げて行きます。

この時、背中はまっすぐ伸びて正座できる方は異常無し。

しかし、背中が丸まり上手く正座出来ない方は股関節が

キチンと機能していない可能性があります。

 

背中が丸まる=猫背タイプの方は股関節の不具合を

腰の力で補おうとするため、腰に余計な力(負荷)を

かけてしまうために、腰痛を引き起こしてしまう可能性を

大きくしてしまうと考えられます。

 

もちろん、腰痛には様々な原因が考えられるのですが

色々な対策をしてみたけれど、腰痛が改善しないという

方は「四つん這いテスト」を試して見られると良いかもしれません。

 

実際、2009年にワシントン大学で発表された論文によると

猫背タイプの腰痛患者が股関節の可動性を改善させたところ

なんと83%に人に腰痛の軽減が見られたそうです。

股関節の可動性に関わる話

股関節は骨盤と大腿骨が組み合わさった


歩行などの動作、体を支える機能を有した


球体関節になります。


 


この股関節には動作と安定性を支えるため


多くの筋肉が密集しており、およそ23の筋肉が


連動しています。


 


股関節の周囲には深層筋と言うインナーマッスルがあり、


その外側を大きな筋肉(大殿筋、中殿筋、小殿筋等)が


覆って様々な動作に対応しています。


 


立っている時には内股に伸びている内転筋


太腿の付け根から腰の奥に伸びる腸腰筋なども


身体を支えるのに機能しています。


 


 


 


 


筋肉はサボる

様々な筋肉によって股関節は支えられていますが


○仕事に集中して運動しない


○高齢になり動くのがやっかいになった


○片側の足に体重をかけて立ってしまう


○内股(O脚)だ


など十分に関節を動かさないでいると、特に深層筋が


仕事をサボってしまいます。


 


私たちの身体は柔軟性と環境適応能力が高いのですが


それは、いくつかの筋肉は使わないでも他の筋肉が


その動作を補ってくれるので、使わないでいられる筋肉も


あり得るという事です。


 


しかし、筋肉は伸び縮みすることで血流を促し


なめらかな動作を行うものですので、使われない筋肉は


筋力も低下し、血行不良の原因にもなり得るのです。


 


O脚でお悩みの方の場合は股関節の深層筋に加え


内転筋の硬直も考えられます。


O脚は見た目の問題もありますが、反り腰の原因で


あったり、放っておくと膝関節の痛みの元に


なる可能性もありますので、合わせて改善を


試みると良いでしょうね。


 


 


まとめ

先の「四つん這いテスト」などで可動性の低下が


指摘された股関節は、本来働くべき機能を発揮していないだけ!


 


ですので、股関節周辺の筋肉をしっかり伸び縮みさせる


ストレッチ運動を基本に対応する事で、腰痛の軽減や


股関節、膝関節の痛みの予防も見込まれます。


 


もっとも、大きな変化は一歩一歩の歩幅を大きく


動かすことも見込まれますので、転倒の予防などにも


役に立ちます。


 


体操の詳細は施術と合わせてのレクチャーを行わせて頂いて


いますので、「私の症状といっしょかしら?」と


お悩みの様でしたら、お気軽にご来院ください。


お問い合わせ