便秘・下痢|大田区蒲田、梅屋敷の整体・カイロプラクティック治療なら、うめやしき整体院へ。

大田区蒲田、梅屋敷の整体をお探しなら、うめやしき整体院

0337347229

お問い合わせ

[平日]10:00~20:00 [土日祝]10:00~17:00
[休診日]水曜日

全体・自律神経系の不調

便秘・下痢

内臓器官の症状

2017.08.09

普段から便秘気味であったり、下痢気味であるといった症状は、腸が正常に機能していないという意味では同じ原因から起きていると考えられます。

腸などの内臓を動かすのは「自律神経」の働きで、胃や腸を活発に働かせるのが「副交感神経」の働き、逆に抑制にさせるのが「交感神経」の働きであり、便秘、下痢を引き起こすのはこれら「自律神経のバランス」が崩れているからといえます。

◆詳細

便秘のも様々なタイプがありますが、生活習慣や過剰なストレスによって「自律神経」のバランスが崩れると、腸の運動がうまく働かなくなり、便秘や下痢の症状が慢性的に表れるようになります。

内臓の働きが悪くなっている場合、その周辺の血流が低下していることが多いため、腹筋などを正しく機能させることで腸の血流を促すことで、症状を改善させてゆく必要があります。

◆当院ではこのように対応いたします。

腰背部、臀部、大腿部を中心とした、腰回りの筋肉に対してトリガーポイントセラピーにより筋肉の緊張の緩和を行い、関節の歪みを整えることで全身の血流を改善し、自律神経の働きを整えることで、身体のツラい症状を軽くしてゆきます。

お問い合わせ