四十肩|大田区蒲田、梅屋敷の整体・カイロプラクティック治療なら、うめやしき整体院へ。

大田区蒲田、梅屋敷の整体をお探しなら、うめやしき整体院

0337347229

お問い合わせ

[平日]10:00~20:00 [土日祝]10:00~17:00
[休診日]水曜日

肩・腕の痛み

四十肩

肩の症状

2017.08.09

四十歳を過ぎて肩が痛くて、腕を上げられない症状のものを言います。

多くは肩関節周囲の軟部組織に炎症が起こっている事が痛みの原因とされており、一年程度で自然に痛みが消えてゆきます。

肩関節の炎症以外に腱がじん帯に挟まれたり、圧迫されることによる痛みや腱の石灰化、断裂などのケースもありますが、整形外科でも容易に判別できないために、四十肩とひとくくりに診断されてしまうケースもあります。

◆詳細

医学的には「肩関節周囲炎」といい、肩関節の周辺組織が傷つき炎症を起こすことで痛みや動作への制限による問題が起こります。

肩関節周辺には様々な筋肉や靭帯があり、元々は弾力性に富んだものであるのですが、若い頃の運動のし過ぎや不足、加齢による弾力性の低下により靭帯や腱などの組織に傷がつき炎症を起こします。

結果として肩に激痛が走り、肩を上げることが出来ないなどの症状が現れます。

四十肩の場合であれば、放っておいても痛みが取れることがあります。

一般的な流れで説明すると

{急性期}初期の3か月間で、炎症が起き、痛みが増して、腕を動かすのがツラクなる。

{慢性期}中盤の6か月間、炎症は納まり、痛みは弱くなっているが動かす角度により痛む。

{回復期}後半の3か月間、痛みはほぼ無くなっているが、関節が固まり動かしづらい。

個人差はありますが約一年ほどで痛みが消えると言われています。

◆当院ではこのように対応いたします。

主に慢性期から回復期にかけての症状について施術を行います。

トリガーポイントセラピーにより硬く緊張している肩関節周辺の筋肉や影響で動きの悪くなっている首、腕、背中の筋肉をゆっくりと緩めて行き、その後で動きの悪くなっている関節に徐々に動きを与えて行きます。

当初は痛みはあるのですが、この痛みを乗り越えて行くと関節の可動域も広がってゆきます。

また、ご自宅で出来るセルフケアとして「コドマン体操」や壁などを利用したストレッチをレクチャーします。

お問い合わせ